YASTUDIO Logo
| En

Car & Bike

86' ホンダ シティ カブリオレ

- 「シティカブリオレ 進化? メモ」第二章 -

1989年、3年落ちの中古で手に入れ、途中10年程実家に預け、持ち家になり漸くまた手元に置けるようになった 2007年からのカスタムと、レストアの真似事の記録デス。「シティカブリオレ 進化? メモ」第一章(~2001)は こちら...



33. クリアウインカーレンズ化(リア)

Entr:2020.09.28 / Work:2020.09.12←08.03

長年妄想してきたテールランプウインカー部のクリアレンズ化を、ついに実現しました〜 v(^_^)v オリジナルのテールランプユニットをバラし、ウインカーレンズパートを残してカット、油粘土で固定して、シリコンでまず雄型を取り、ひっくり返して雌型を取り、ポリエステル樹脂を流し込んで、透明レンズを成形。この型取り作業には LEGO ブロックが大活躍。サイズも自由に変えられ、強度もあるし、型を取り出す際にはバラして、また使えるし、型枠材にぴったり!

シリコンは指定の比率(多少異なっても)で攪拌して、1日でしっかり固まりました。ポリエステルは、数日でも一週間近く置いても、開けてみると表面がベタベタしてて、触ると指紋がしっかり付いてしまう感じでしたが、そのまま外気に当て数日放置しておくと、ベトつきがおさまってきました。型から剥がした時にそのベタつきがシワになって、そのまま固まってしまうので、紙ヤスリで慣らして、コンパウンドで磨き上げました。

クリアウインカーレンズのテールランプユニットへの組み込みは、今度は、オリジナルのレンズのブレーキランプパートを残してオレンジのウインカーパートをカットし、それぞれでテールレンズのシェルに取り付けました。いずれ黄変してしまった際にクリアレンズだけを交換し易いように、レンズ同士は接着せず、付き合わせラインの上に反射テープを貼っておきました。

ポリエステルは若干収縮するようで、気にならないレベルですが、ほんの少〜し横が短いか?後になって、紫外線吸収剤とやらを添加すると劣化が抑えられる事を知ったので、この後複数作ってみて、良い状態の物が取れたらいずれ交換しよと思います。

それから、以前、小型のシーケンシャルウインカー(流れるやつね)ユニットを入手してて、試しにテールランプシェルに当てて見たらぴったりだったので、採用しました。笑ってしまうような短さだけど、面白いから良しとしましょう。これで昭和から平成... 令和仕様に届いたかな??


32. マルチリフレクターヘッドライト化

E:2020.09.27 / W:2020.08.26

31. エアクリーナーカバーを塗装

E:2020.09.26 / W:2020.08.14←09

30. フロントバンパー&スポイラー再塗装

E:2020.09.24 / W:2020.08.09←07.18

29. フロントグリルのリペイント

E:2020.09.23 / W:2020.07.25

28. ボンネットとストライカー磨き

E:2020.09.22 / W:2020.07.12

27. ワイヤータック右側

E:2020.09.21 / W:2020.07.10←06.28

26. ワイパー付け根の錆穴の補修

E:2020.09.19 / W:2020.06.24←08

25. ワイヤータック左側

E:2020.09.20 / W:2020.06.20

24. エンジンヘッド周りクリーニング

E:2020.09.18 / W:2020.06.07



- END -